R34_SKYLINE.PNG - 5,016BYTES

エンジンルーム清掃

スカイライン好き集まれ!R34エンジンルーム清掃1JPG - 155,357BYTES

 ユーザー車検の項でも記述していて重複するが、話題がないのでこちらにも記載した。長期間清掃されていないエンジンルーム。ディーラーにエンジンルーム清掃を依頼したこともあるが、近年エンジンの電子制御化に伴い、行われなくなったそうである。防水コネクタを多用されているとはいえ、無用なトラブルは避けたいとの判断であろう。確かにその通りかもしれない。
 別に清掃しなくても性能に大きく影響を及ぼさないし、清掃に伴う車両故障のリスクのほうが遥かに大きいかもしれない。
このあたりは車両オーナーの心持ち次第なので、クルマを大事にしたい気持ちがあるのならエンジンルームも綺麗にしておきたいところでもある。  
スカイライン好き集まれ!R34エンジンルーム清掃2..JPG - 161,051BYTES
 清掃方法はいろいろあるのだが、当方の場合、水洗いの際、洗剤として「簡単マイペット」を使用している。汚れのほとんどがディーゼルエンジン排ガス中の微粒(Diesel EXhaust Particulate;黒煙粒子)と砂塵・花粉などであるため、強くブラッシングすることなく落ちる。
 手が入る部分は出来る限りウエスで拭き取る。根気のいる作業になる。隙間に入り込んだ水分を圧縮空気で吹き飛ばし、プラスチック部分の艶出しにはシリコン含有のタイヤワックススプレーを極薄く吹き付けて磨き込む。綺麗に仕上がると感動する。綺麗に仕上がったエンジンルームを披露したいがために画像を大きく貼り付けている。
スカイライン好き集まれ!R34エンジンルーム清掃3.JPG - 173,466BYTES
エンジンカバーの「NEO STRAIGHT 6」と「turbo」のロゴが赤く着色されていない。平成11年8月に小変更があり、着色が廃止されている。いわゆる「中期」モデルである。
 ニッサンプレスリリース平成11年8月24日発表の記事

SKYLINE TOPに戻る

HOME

 

- スカイライン好き集まれ!-
Copyright (C) 2007 skyline大好き. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system