かつて私のために頑張ってくれたクルマ


SKYLINE GTS−tTypeM (HCR32) 

 R34型としばらく併用していました車両です。今となっては4ドア2000ccの小型車枠でFR直列6気筒「ツインカムターボ」は現在どこのメーカーでも存在しないカテゴリーです。おまけにフロア5速なんて皆無です。80年代は「ツインカムターボ」という言葉が高性能の代名詞でもあるくらいに刺激的でした。
 R31型のライバル車種との販売面からの失敗と、「スカイライン」に対するユーザーやファンの批判に応えつつ、日産の901運動の成果が結実したモデルがR32型です。発表された当時はBNR32(GT−R)を筆頭に足回りのいいモデルが沢山ありました。私もこの時代の車種は大好きです。これまでにRBエンジンを載せた車種を3台乗っています。A31セフィーロ(RB20DET),R32スカイライン(RB20DET),R34スカイライン(RB25DET),弟の乗っていたC33ローレル(RB20E)も合わせると4台です。

R32スカイラインはロングノーズ・ショートデッキでありながら、ダウンサイズと運動性能(特に操縦安定性)の向上が大幅になされたモデルでした。コストダウンを図りつつ、徹底した拘りが随所に見られ、将来日産の名車と言われることとなるに違いありません。
 窓を開けて走ると「ヒューン」とターボが回り始める音と、R32独特の排気音は結構ニヤニヤしてしまいます。マフラーの開発担当者の記事がスカイラインの書籍に載っていたのですが、排気音量を下げつつ音質に拘った純正のマフラーは、R34の排気音と較べると確かにイイ音がします。「音量」ではなく、あくまで「音質」です。当方は決して排気音の大きい車は好きではありませんから。

HCR32_SKYLINE1.JPG - 83,264BYTES

 エンブレムやGTバッチが外れている以外はほぼオリジナルを保った車両でした。
 濃紺の4ドア車は当時神奈川プリンスがらの特別仕様車と聞いていましたが真偽の程は定かではありましん。
 R32のイメージカラーがシルバーで4ドア車の販売台数が2ドア車にたいして少なかったのでしょうか?最近はこのグレードでこの塗色はほとんど見かけなくなってしまいました。

HCR32_SKYLINE2.JPG - 78,599BYTES

ネットオークションで個人売買で入手しました。入手した当時は外装の状態があまり良くなく、徹底して磨き、板金塗装でなんとか見られる状態までになりました。結構お金掛かっています。

 

HCR32_SKYLINE3.JPG - 44,564BYTES

 リアバンパーのみ新車時から手を加えられていない外装でした。神奈川プリンスのステッカーは退色してしまっています。

HCR32_SKYLINE4.JPG - 84,242BYTES

シンプルなデザインに見えるが結構拘りの感じるスカイライン専用の純正ホイール。
 社外品で似たようなホイールも発売されたほどです。
 奥に見えるスリット入りのブレーキローターはアペックスアイ製。さりげないカスタムポイントでした。

HCR32_SKYLINE5.JPG - 81,845BYTES

GTS−t TypeMとGT−Rに採用された本皮巻のステアリングホイール。
 社外品に交換されてしまうことの多いパーツであるが、手に馴染みやすく、今でも優れたデザインだと思います。オーテックプリメーラでもこのステアリングホイールが採用されました。

サテライトスイッチ群。ディマースイッチやワイパースイッチやオーディオコントロールができました。
 メーター周りに集中配置されたスイッチ類はR31SKYLINEから継承された考え方です。

HCR32_SKYLINE6.JPG - 79,028BYTES

運転席側に向けられたセンターパネル。全てドライバーの為にとの設計思想は走りに拘ったR32SKYLINEのスカイラインたる部分であると思います。
 カップホルダーが1つしないのも拘りなのかも知れません?!
 サイドサポートの効いたシートはサイドサポートをダイヤルで幅を調整できました。
 シートサイズは現在の車の水準からはやや小さめに感じます。

HCR32_SKYLINE9.JPG - 79,894BYTES

 C210型以来受け継がれた水平指針のメーター。運転中は絶対にみるので、見やすいメーターでなければなりません。
 燃料計は置針式で、イグニッションのON,OFFに関わらず指針されるので、メーター故障によるガス欠などを防ぐ為みたいです。R34も置針式になっています。
 最近の車は燃料の盗難対策の為、イグニッションがOFFになると燃料計も指針しないようになりました。
 いくつも並ぶメーターもスカイラインの伝統です。

HCR32_SKYLINE7.JPG - 74,288BYTES

 エンジンルーム内。ごく普通に使われて何の改造もされていませんでした。
 気軽にアーシングを各接地線付近に施したらエンジン低回転に力強さの違いが感じられました。お勧めです。
 この車はエンジンルーム清掃は一度もせずに新しいオーナーへ引き継がれました。この汚れ具合は清掃のし甲斐がありそうです。

HCR32_SKYLINE8.JPG - 77,587BYTES

リアシート生地の退色とリアワイパーアームの塗装の剥がれは青空駐車の証。紫外線は少しづつではありますが確実に劣化させていきます。

HOME

 

-スカイライン好き集まれ!-
Copyright (C) 2007 skyline大好き. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system