「ポルカ」のオイル交換

 うちに「ポルカ」がやってきて初めてのオイル交換です。定期点検記録簿から判断して約5,000kmで交換となりました。
 素人なので無駄な手順があるかもしれませんが、普段から行っている交換作業をご紹介します。

OIL_CHENGE01.JPG - 50,606BYTES OIL_CHENGE02.JPG - 51,612BYTES
 今回オイル交換に用意したアイテム。
オイルドレンパン、エンジンオイル、新聞紙、ガムテープ、空きポリ容器、ドレンワッシャー、ペットボトルの注ぎ口部分、ボックスレンチ(14×17mm)
 ここには写っていませんが、他にラダーレール、金網、オイルフィルター、フィルターレンチ、ラチェットハンドルを使用しました。
 車両をラダーレールに載せます。その前にオイルで作業床を汚さないように新聞紙で保護します。屋外作業で垂れ落ちるオイルが風で飛び散っても保護できる範囲に敷きます。
OIL_CHENGE03.JPG - 16,670BYTES OIL_CHENGE04.JPG - 43,052BYTES 
 オイルドレンボルト。14mm角でR34と同じものでした。ドレンワッシャーも銅製で潰して密着させるタイプです。1枚150円もしました。製品に対し価格が物凄く高く感じます。
 エンジンオイルでオイルパンが汚れているのを発見、多分オイルパンガスケットが劣化して漏れているのではないかとディーラーの工場長の談。床に垂れ落ちるのが確認できるくらいなら処置が必要とのことでした。暫く様子をみることに。
 オイル排出中。しばらく放置して抜けるのを待ちます。排出中のオイルが風になびいて飛び散るので新聞紙で養生します。オイルフィラーキャップを緩めると多少早く抜けるみたいです。
OIL_CHENGE05.JPG - 45,352BYTES OIL_CHENGE06.JPG - 49,237BYTES
 オイルフィルター。エンジンルームの下に潜り込んで撮影しました。フィルターの脱着は下に入っての作業の方が圧倒的に楽。取り外す前にオイルドレンパンをフィルターの下の位置に置いてオイルを受けなければなりません。フィルターレンチで緩めた後は手で緩めます。ある程度緩めるとオイルが流れてきます。  R34のRB系とK11のCG系でフィルターが同じあることが判明。フィルター・ドレンワッシャーが共用できるのはありがたいです。以前R32を所有していた頃のフィルターをストックしていて、結局使わないまま保管してあります。
OIL_CHENGE07.JPG - 65,950BYTES OIL_CHENGE08.JPG - 48,467BYTES
 オイルドレンパンの上に金網を置いてフィルターに溜まっているオイルを抜き取ります。ここでもフィルターを外したままオイルが抜けるまで暫く放置します。
 素人だからこそ排出にじっくりと時間を掛けられます。ショップに頼むと時間なんて掛けて作業できません。オイルがある程度抜けてしまえば時間を掛けてもエンジンに残る旧いオイルの量はほとんど変わらないと思います。時間を気にしない素人ならではの「こだわり」の問題です。
 新しいオイルフィルター。フィルターの合わせ口にパッキンがあり、パッキンの密着させるため、取り付ける前に極少量オイルを塗布します。
 取り付けは工具を使わずに手で強く締め込みます。工具を使うとパッキンをねじ切ってしまいかねません。
OIL_CHENGE09.JPG - 56,925BYTES OIL_CHENGE10.JPG - 40,299BYTES
 ペットボトルの注ぎ口部分をじょうごの代用としています。キャップにぴったりのサイズです。しっかり嵌って多少風が吹いても安定しています。綺麗に洗浄して乾燥させてから使用します。  ボンネット裏に貼られたコーションラベル。K11発売当初の高規格のオイルがSHまででした。
 当時から既に環境に配慮された交換周期なのではないかと思います。しかしながら街乗りメインでエンジンの始動・停止の回数の多いシビアコンデションの車両は半分の距離で交換を推奨していますので、5,000kmで交換は妥当な数字ではないかと勝手に判断しています。
OIL_CHENGE11.JPG - 59,839BYTES OIL_CHENGE12.JPG - 47,396BYTES

 今回使用したエンジンオイル。SHグレードのスミックスGTR5w−30(鉱物油)。近所のホームセンターにて4リットル缶で950円でした。主にホームセンターなどに卸される専用のオイルみたいです。
 ブランド名の入ったオイルより、余計なコストをカットしているみたいで買い求めやすくなっています。

 4リットル缶に対し、K11のオイル交換量はフィルター交換時:約3.1リットル、交換なし:約2.9リットルになります。保管するこのポリ容器には目盛りが刻まれています。あらかじめ余るオイル1.1リットル分をポリ容器に保管しておきます。
 近所のホームセンターでポリ容器代150円でした。

オイル交換で使用したアイテム


DAYTONA(デイトナ)オイルドレンパン

オイル交換やクーラント交換に便利な
プラスチック製ドレンパン。
作業終了後の移動時に、オイルがこぼれにくい
折り返し構造採用。
廃油ノズル付きだから捨てるのも楽々。
両手で持てる取っ手付き。

●容量:7.5L

OIL_CHENGE01.GIF - 10,644BYTES
AP ラダーレール UR6500
OIL_CHENGE02.GIF - 12,262BYTES
AP ラダーレールエクステンション UR2000

ジャッキアップするまでも無い作業時や、
ジャッキが掛けられないような
車を上げるための台です。
スポーツタイプの様な車高の低いお車には
別途エクステンションをご使用下さい。
サイズ:H230×970mm
タイヤ対応幅:230mm


KTC 国産車用オイルフィルターレンチ(カップ型) AVSA-064

呼び寸法:64
直径(外径):72
厚みH:35
形状:14角
重さ:80g


日産車用オイルエレメントPITWORK AY100-NS005

マーチ「ポルカ」TOPに戻る

HOME

-スカイライン好き集まれ!-
Copyright (C) 2007 skyline大好き. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system